ぽんずの人生ゲーム

幸せな人生を音楽とともに

有馬温泉でオススメのお土産は【きんせん堂 ねぎみそ煎餅】

f:id:hero1to3:20180901082619j:plain

こんばんは。ぽんずです。

 

先日一泊二日で神戸・大阪旅行に行ってきまして、

仕事の疲れをリフレッシュしてきました。

 

その中で観光地らしいスポットとして

神戸市にある有馬温泉に行ってきました。

 

ここがまあ、ほんとに良いところで利用した飲食店、温泉旅館、お土産が

全て大満足の内容だったので、紹介させていただきます!

 

 

ブランチに最適!「茶房 堂加亭」のレモンスカッシュは絶品

 

今回は日帰り入浴を目的に11時ごろに有馬温泉に到着しました。

朝ごはんにも昼ごはんにも微妙な時間で、

ゆったりとカフェごはんもいいかなということで、

お店が並ぶ通りを散策していたところみつけたのがこのお店。

 

お昼時には早い時間ということもあり、自由に席を選べる状態で入店しました。

お店の内装は古民家風の雰囲気があり、

窓際に置かれている、ガラス細工の展示センスが良い感じでした。

 

魅力的なメニューが並ぶなか、

神戸豚のローストポークサンドのセットと

地元有馬温泉のサイダーを使った自家製レモンスカッシュを注文。

 

サンドはサイズは小さめで女性にも食べ易いサイズなのですが、

味がしっかり決まったローストポークの食べ応え抜群でした。

 

そして、もっともオススメしたのが、自家製レモネード。

有馬温泉は坂道も多くて、冷やかしがてらにお店をみてまわるのも、

なかなか大変だったりします。

それが、今年みたいな暑い夏ではなおさらのこと。

そんなときに、堂加亭の自家製レモンスカッシュ最適です!

 

自家製黒糖レモンシロップ+有馬サイダー割り という組み合わせは

甘さとさわやかさのバランスが絶妙で、絶品です。

散策で疲れた体には、ほどよい酸味がしみわたりました。

有馬温泉に行くなら、ぜひとも飲んでもらいたい一品でした。

 

日帰り温泉は「有馬御苑」で「金泉・銀泉」に癒される

有馬温泉には日帰り入浴を利用できるホテルや旅館が

数多くあります。

 

有馬温泉の観光案内所に行けば、有馬温泉の施設の説明を

わかりやすく教えてもらえるので、

初めて有馬温泉に行く人は利用することをおすすめします。

 

観光案内所で、

「なるべく駐車場から近くで」

「温泉を存分に楽しめる場所」みたいな希望を伝えたところ、

こちらの「有馬御苑」さんを紹介いただきました。

 

www.arima-gyoen.co.jp

 

こちらは、観光案内所から徒歩3分ほどの立地で、

「金泉」「銀泉」2種類の温泉を楽しめるということで、

自分たちの希望にもマッチしたホテルでした。

 

自分たちが利用した日帰り入浴は1,100円で

タオルとバスタオルがセットでついてくるお得なプランです。

 

利用時間は11:00~14:30の間だったのですが、

お昼ご飯+温泉+お土産屋さん散策 くらいのプランとしては最適の施設で

温泉地の中心部にあるのでアクセスがいい点もお勧めポイントです。

 

お土産は「きんせん堂のねぎみそ煎餅」に決まり!

旅行の醍醐味といえばお土産ですよね。

周りの人へのプレゼントにしてもいいし、もちろん自分のために買うもよし。

ただ、今回お勧めするのは、ぜひ有馬温泉旅行から帰った後に

ご自身に食べてほしいお菓子になります。

 

その商品とは、「きんせん堂」さんで販売されている、

その名も、「ねぎみそ煎餅」です!

「きんせん堂」さんの公式HPはこちら↓

有馬名物「金泉焼」の有馬 きんせん堂です

 

「きんせん堂」さんは煎餅や豆菓子など和菓子を取り扱うお店でした。

有馬温泉に店舗を構えていて、お土産屋さんのお楽しみである

試食コーナーも充実しています。

 

お店が一番の押しにしているのは「金泉焼」という

あんこをもっちりとした生地が包み込んでいるお菓子です。

試食で一口食べましたが、こちらも中々美味でした。

 

しかし、私が今回ご紹介させていただきたいのは、「金泉焼」ではありません。

私は今回の旅行での最高の収穫ともいえる、

「ねぎみそ煎餅」が最高だったんです。

 

香ばしいお味噌味の煎餅にまぶされているネギのアクセントが絶妙で

食べても食べても飽きがこないお煎餅です。

今回一袋買って帰ったのですが、もっと帰っておけばよかったと

後悔しているところだったりします。

 

甘じょっぱいお煎餅が好きな人は絶対はまる味だと思うので、

有馬温泉に行った際は、ぜひ「きんせん堂さんでねぎみそ煎餅」を

食べてみてくださいね。

 

今度はゆっくり楽しみたい有馬温泉

今回の観光では、日帰り温泉を目的に行ったため、

滞在時間は短く3時間程度でした。

 

もちろん3時間のなかでも、お土産屋めぐりをしたり、

坂道と路地が入り組んだ風情ある通りを食べ歩いて楽しんだり、

十分に楽しむことが出来ました。

 

神戸市内からのアクセスもしやすい場所であるため、

日帰りがしやすい環境にある観光地でした。

 

しかし、だからこそ、温泉を堪能するために

有馬温泉で一泊したいとも思ったのです。

日帰り入浴のように駆け足でなく、

ホテルについてひとっ風呂浴びて、部屋で舞ったりご飯を食べて2回目の入浴、

最後はさわやかな空気のなか朝風呂を楽しむ。

そんな風に、まったりとした時間を過ごすのにも、

素敵な場所なのだと今回の旅行で気づくことが出来ました。

 

最高の一品、ねぎみそ煎餅を買いにいくためにも、

有馬温泉にはいつか必ず戻ってきたいと思っています。