旅行

【夏フェス】モンバス2018 フェスに向けて持ち物一覧

こんばんは。ぽんずです。

 

夏が本気を出してきていて、

本格的に暑さ対策を講じなければと思うこの頃です。

 

そんな夏を乗り切る方法の一つが

「暑い夏を楽しむイベントを組むこと」=「夏フェスの予定」を組むです。

 

2018年の夏はフェス、ライブを含めて3本ほど参加の予定です。

ライブの予定については以下の記事を見てみてください。

 

ponz.hatenadiary.jp

 

特に楽しみにしているのが、

8月18日、19日に開催の 『モンバス』ことMONSTER baSH です。

www.monsterbash.jp

過去5回以上参戦している定番の夏フェスで、

開催を約一か月前に控えたタイミングで、事前準備の状況を振り返ります。

 

 

【持ち物リスト】

過去の参戦歴から、絶対持っていくものは以下の通り。

・着替え(3セット)

・飲み物(最低2L/人、スポドリ、ジュース、お酒などなど)

・ビニールシート(場所取り用)

・ビーチパラソル(パラソルゾーンで場所取り想定)★

・日焼け止め(例年晴れることが多いので必須)

・サングラス(日焼け止め同様、疲れ方が段違い)

 

会場のまんのう公園が山の上にあるため、

天気は予想がつきにくいのですが、

なんとなく晴れることが多いフェスだと思ってます。

そのため、暑さ対策(特に日差し)は絶対必要です。

ビーチパラソルは持ち運びが大変ですが、

ほぼ半日を屋外で過ごすためには特に大事なアイテムだと思ってます。

日差しを遮りながら、ビニールシートに寝転んで、

音楽を聴きながらお酒を飲むのは最高の贅沢…。

 

 

【アクセス】

車で瀬戸大橋→モンバス駐車場(かりんの丘公園)

 

駅から歩くにはちょっと遠すぎるまんのう公園は、

香川県内の主要な駅からのシャトルバスや、近くの遊園地である

レオマワールドからのシャトルバスでの移動が定番です。

 

しかし、どちらもシャトルバスに乗るための待機がつらいです。

特にライブをトリまで見終えて、疲れた体でシャトルバスを待つのが

想像以上に苦しい時間になります。

あと、何台のバスを見送れば、自分たちは家に帰れるのか考えるのが

ほんとうにつらいです。

 

そんな状況を避けるために私がおすすめする駐車場が

モンバスのために臨時でつくられる駐車場である「かりんの丘公園」です。

https://www.mannou.jp/news/details.php?id=466

 

個人的には

歩く距離が長いつらさ < 熱帯夜でのバス待ちのつらさ 

なので、歩きで会場までかなり近づけるかりんの丘公園の駐車場をおすすめします。

レオマワールドの駐車券が売り切れの現状では、

検討してみてはいかがでしょうか。

 

【場所取り】

第一候補:龍神、空海ステージ正面のパラソルエリア

第二候補:龍神、空海ステージから一番遠い小高い丘の上

第三候補:MONSTERcircus 付近のパラソルエリア

 

モンバスの良さは、

「二つのメインステージを芝生に転がりながら楽しめること」

だと私は思っています。

なので、この楽しみ方ができるステージ正面のパラソルエリアを

基本的には狙うことになります。

見たいアーティストの時は前に行くとして、

ゆったりスペースは離れた場所を確保するのもありだと思ってます。

 

 

夏フェスは準備を考えているうちも楽しみの一つです。

今日から始まるアマゾンプライムデーなんかも利用しながら、

必要なアイテムを少しずつ整えて本番に臨みます。

とりあえず、パラソルとクーラーボックスは新調したいので、

探してみているところです。

 

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ用品 パラソル ハロースカイパラソル 180cm ブルー M-1532

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ用品 パラソル ハロースカイパラソル 180cm ブルー M-1532

 

 

 

 

私が行くのは二日目なのですが、

注目のアーティストをまとめてみたので、ご参考にしてみてくださいね。

 

www.ponz-life.com